2010年2月22日月曜日

ベーシック・インカム賛成派の人へ

なんだかTwitterでベーシック・インカムについて盛り上がってたので、調べてみることに。

ひろゆき「ベーシックインカム推進派がバカすぎるから反対派になったなう」(アルファルファモザイクだった)

ベーシック・インカムとは、「国民全員に毎月8万円あげる代わりに、社会保険庁を大幅にスリム化して、生活保護とか年金とかをなくすよ」というものですね。

今の政府の生活保護とか年金はすでに破錠してるから(ズサンな管理&嘘つき多すぎて)、全部なくしちゃえって考えですね。

生活に必要な最低限の所得あげるから働かなくてもいい→飢えるヒトがいなくなる。(ホームレスとかいなくなるよ)

うん!いいことだ導入しよう!

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

ちょっと待てよ・・・。

働かなくていい→仕事をしない若い世代が増える→まず誰もやりたがらない3Kの仕事の人材が不足→会社の働く環境悪化→会社の生産力低下→国家の生産力が落ちる→日本衰退→日本円スーパーインフレ→昔の共産主義(ソ連&ドイツ)状態

どう考えてもダメじゃん。

常に何かを生産して、技術革新に努めないとあっというまに日本の国力落ちるよ。

日本の今の便利な生活は、常に上を目指そうと技術を向上させていったから実現できたもの。

日本はとくに資源もないし、金融業もそこまで強いわけじゃない。でも、他国に負けない技術力はある。もし、この技術力が落ち込めば、輸出に頼ってる日本経済は大打撃を受けることを避けられないと思う。世界中の技術革新に遅れをとったらもう、今のような豊かな生活はできなくなる!

また、技術革新につながる研究や仕事は、トイレ掃除とかそういった縁の下の力持ちがあるからみんな安心して打ち込める。

中にはトイレ掃除とか誰もやりたがらない仕事は高給で雇えばいいみたいなこといってるけど、

だれも金もらってもやらないって!

今の医師不足の現状見たらわかるよ。田舎でめっちゃ給料いいとこあるけど誰もいかないもん。仕事の魅力は給料だけ決まるわけがないし。今、なぜこういう3Kな職にも就職してる人がいるかというと、働かないと生活できないからだよ。

そりゃ、トイレ掃除が時給1万円にすれば人はくるよ。でもね、そんな体力のある会社ないって。

だから、社員が自分たちでやるようになる。時間を余分にとられて、本来の仕事を処理できなくなる。会社としては生産力落としたくないから過剰勤務を強いる。そうすると、今の医療崩壊みたいにみんな辞めていく。そして、会社には誰もいなくなり倒産。

そうして、会社は次々と倒れていき、税収が減ってしまう。結局、ベーシック・インカムを維持できなくなって、崩壊するのが目に見えてるよ。

別に働く、働かないとかはどうでもいいけど、こんな生産量&向上心を削ぐ政策を実行すると日本は死にます。

あとこの政策、弱者の味方みたいな感じがするけどトンデモナイ!

年金とかなくなるわけだよ!!!

年取ったらどうすんの?月8万で生活できんの?

病気になるし、そりゃ、介護もいるかもしれない。介護とかだれもやりたくない仕事だから、料金が跳ね上がる。だいたいの人は目先の欲に眼がくらんで、もらった8万円なんて全部使っちゃうでしょ。そうすると貯金0円。月8万で介護ができるとは思えない。

要するに、年寄りを全部切り捨てようとするのがこの政策の本質にあるような気がしてならない。

どう考えても、資本主義の弱者を切り捨てる最悪なところと、共産主義の人の良心に任せて仕事をさせるという最悪なとこを混じり合わせた愚策にしかみえません・・・。

人はとんでもなくナマケモノだということを完全に忘れてるのではないでしょうか?働く人のいない社会が回るはずがないですよ。どこからお金が湧いてくるんですか?魔法ですか?

ベーシック・インカムには断固反対!
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年2月17日水曜日

医療業界はなぜ電子化が遅れるか?

医療のIT化が遅れている原因は何か?

この記事見て思ったんです。なぜ普及しないのかなって?

この記事では医師とSEとのコミュニケーションがうまくいってないからって言ってました。

原因の根本はコミュニケーション不足なのでしょうか?

この原因を解明するには、IT化というものは一般のひとにすごく浸透しにくいものだということを理解しなければならないと思います。

人はものすごくめんどくさがりで、ワガママです。

Webページでも読み込みに7秒以上かかるとイライラし、ブラウザはIEしか使いません。(そもそもブラウザという言葉を知っている人は少数派です)
しかも、パソコンでエラーがでれば、故障したといいパソコンのせいにします。「これだからパソコンは使えない、私には難し過ぎる。」と言い、自分で原因を調べようとは微塵も思いません。

しかし、携帯は普及しています。
iPhoneも普及の兆しが見えています。

なぜでしょう?

それは以下の3つの理由があるからです。

  • みんなが使っているし、携帯電話の存在を皆が知っている。
  • エラーが起こりにくい。
  • なんの説明を受けないでも、操作が簡単なためすぐに使える。
頭をほとんど使わなくても操作できるんですよ!
そして、カスタマイズなんてしないんで故障もしないんです!
しかも、みんな持ってるから自分も持たなきゃいけないというプレッシャーがあります。

ここで、パソコン世帯普及率を見ると意外とパソコンは浸透しているなと感じます。しかし、多くの世帯ではパソコンはほぼお飾りとなっていると思われます。みんなが持ってるから持ってるだけで・・・。そして、インターネット利用率ですが、1ヶ月間の私的利用したことがある人が53.9%と思いがけなく低いw

まだ、日本の多くの人がパソコンは難しく自分には扱えないものと思っているのではないでしょうか?

こんな状態で電子カルテが普及しますか?

医師は多忙です。今の業務でも精一杯です。そこに電子化。パソコンも使えないのに・・・。
こんな開業医の人が電子化をするはずがありません。無理です。めんどくさすぎます。時間がかかりすぎます。他の職種でも個人経営なら電子化していないところがほとんどではないでしょうか?

というか、電子化に全力で抵抗すると思われますw

コミュニケーション不足とかそういう問題じゃないんです。ほとんどの人はパソコンなんて使いたがってないんです。

これを打破するにはどうすればいいか?

もう小学校の頃からパソコンに慣れさせるしか・・・。
あるいはパソコンが劇的に使い易くなるしか・・・。

現時点で全員が電子化とか無理!
今の電子カルテすごく見づらいもん。UIが古くさい。(勝手な意見ですが)

まぁ、打破する方法といえば間に業者を挟んで、紙のレセプトを電子カルテに打ち込みしてもらうぐらいですかね。

本当に思うけど、学校で社会の授業とかやってる暇あったらパソコンでググること覚えた方がよっぽど社会勉強になるよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年2月16日火曜日

視線でフォーカスできたらいいのにな

文章の打ち込み作業とか、2つのファイルの差分をチェックしてるときよく思うんですよ。もっと画面がデカければなと。ウィンドウやタブをいちいちマウスを動かしてクリックするのってめんどくさいんですよね。

そこで思いつきました。

そうだ。視線でウィンドウをフォーカスできればいいんだ!

下のマウスの位置が視線の先だとすると

目を動かすだけで、これが

こうできれば最高!

視線認識する機械があればすぐ出きるじゃないか。と思って検索

マウス、キーボード、音声入力も不要! 視線で操作できるPCが登場(マイコミジャーナル)

こんなの発見。
でも、350万って高い!そのうえ何、このごっつい装置

Webカメラで顔認識して視線まで認識できそうないのかとさらに検索すると

五感センサ(9):人間を超える「視界」に挑戦(Tech-On)

2010年に実用化か~。
これはいい!でも値段高そう。体の不自由な方のために作られているようですが、一般の人にも需要あると思います。(僕みたいに)

でも、やっぱり1万円ぐらいじゃないと買わないな。

いつかパソコンの標準仕様となることに期待して、首をなが~~~~くして待ちます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年2月11日木曜日

次世代の技術「SixthSense」

いや、感度した!

過去に「タッチデバイスの今後を考えてみる」

”超音波での触感フィードバックとAR技術(拡張現実)を駆使すると、もはやスクリーンなど必要なくなるかもしれませんね。”


と言っていましたが、もう実現しているということがわかりました。



↑View SubtitlesでJapaneseを選ぶ字幕がでます。


この技術はすごい!


平面さえあれば机だろうが、紙だろうがタッチスクリーンに早変わり。映像のなかでも言ってますけどできることは想像力次第ですよ。地下鉄でアイスホッケーとか、紙をiPadにしたり、手が携帯のダイヤルになったりとか色々できます。今までの物理デバイスでは画面の大きさがネックになりますが、この技術を駆使すれば大幅に操作画面を大きくできますね。


現時点ではブレまくりですが、チューニングすれば実用化できそうです。今の手ぶれ補正機能はスゴいですからね。また、バッテリーの持ちについては言及されてませんが(おそらくスゴく短そうな気がする)、技術が向上すれば問題なくなるでしょう。次世代充電池が色々と開発されてますし。


しかも、ソフトウェアはオープンソースにするだって!?


プラナフ・ミストリーさん大好き
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年2月10日水曜日

Twitterは最強のSNSか?

SNS(Social Network Service)を翻訳すると「ソーシャルネットワークサービス」って出ます。

まんまやん!

おそらく当てはまる日本語がないんでしょうね。

そんなことはどうでも良くて、最近やたらとSNSの一つであるTwitterがメディアに取り上げられてますね。まぁ、一時的なもんだと思いますが、あまりにベタ褒めされすぎているような印象がw

なので、SNSの中でTwitterがどれだけすごいのか考えてみました。

SNSと言えばTwitter以外にも海外ではFacebookMySpace日本ではmixiGREEモバゲーといったところが有名ですね。さらに、非モテSNSや逆に美女・美男限定のSNSがあったりします。ここでふと思ったんですが、SNSってくくり広すぎ&会社多すぎ。その割に、機能が色々違うんですよね。まぁ、だんだん標準化されていってるように感じますが。

SNSを比較するにはなにか尺度が必要だと感じました。
そこで、以下の4つの尺度で図れるのではないかと思い立ったのです。(かなり適当ですがw)

  • 同じ趣味の人をどれだけ探しやすいか。「匿名性
  • ユーザーの多さ「規模
  • コミュニケーションの手段の多さ「拡張性
  • APIの豊富さ「再利用性
  • サービスの使いやすさ「操作性
Twitterは検索すれば同じような趣味の人はいくらでも探せますし、APIも豊富で、機能もシンプルで使い易いです。しかし、結びつきはかなり緩いです。個人情報はプロフィールとつぶやきだけなんで自分で調整はできます。「匿名性」はまぁまぁで、「拡張性」は低く、「規模」や「操作性」や「再利用性」は高いと言えます。

こんな特徴を持つSNSはTwitterしかないです。
規模」が大きくするには独占が一番。また、「再利用性」を高めることによって外部サービスからアクセスしやすくし、「拡張性」の低さをある程度補ってます。ネットワークの外部性が働きますね。

今後、Twitterと競合できるサービスは出てこないと思います!

では、Twitterは最強か?

いえ、違います。

だって、「匿名性」がコントロールしにくいし、みんなで予定立てたりとか出来ません。みんなで一緒にゲームで遊ぶとかも無理です。「拡張性」がないですから・・・。

そこで、その他SNSの出番です。

規模」はTwitterに負けるけど、「匿名性」を自由に変更でき、「拡張性」もある。
といったところが売りでしょうか。ですから、知り合い同士といったある程度気の許せる仲間の集まりになりますね。

ですが、「拡張性」の大きさがネックにもなります。「拡張性」が大きいほどコミュニケーションが密になり、人付き合いがめんどくさくなります。しかも、記入項目やしなければいけないことも多くなり、「操作性」も低くなります。

まぁ、一長一短ですね。そのうち統一されてくるか、もしくは、機能別に別れて共存すると思います。
今はSNS乱立の時代です。というか、SaaSが乱立しているw
まだ他にも、TumblarはてなといったSNSかどうか微妙なものもいっぱいあります。

一つ言えることは、サービスの「規模」を大きくした会社が勝ちます。そのためには、やっぱり使い勝手がよく、手軽に始められるってことが重要ですね。あと、外部サービスとも連携とれた方がいいですね。よって、「操作性」&「再利用性」がキーポイントになると思います。
このキーポイントを最も押さえてるのはGoogle Buzzかも。

最後に言えることは、Twitterは消えないが他のサービスは将来どうなるか分からないってことです!正直、まったく予測がつかないw
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年2月9日火曜日

Adobeに物申す!

いや~、もうFlashなくなって欲しいですね。

LinuxのFlash不安定すぎ!!

動画がチラつくんですよ(;д;)
目がチカチカするんですよ。
しかも、気づいたらメモリリーク?が起こってメモリがいっぱいに


なめてんのかAdobeって言いたい


Linuxは眼中にないってか・・・。
そんな中こんなサイトを発見!




demoってとこをクリックしたら色々なアニメーションが見れます。
う~ん、いい感じの動き♪


jQuaryでここまでできるんですね。コード自体もそんなに難しくないし。またFlashのアドバンテージがなくなっていくwちなみに、このサイトはChromeならスムーズに動きます。(Firefoxで見たら一部カクカクなった^^;)


こうなったら、AdobeさんFlash捨てて、FlashからJavaScriptにコード書き換えるソフト出して!もしくは、今のFlashのようにJavaScriptを快適に開発できる環境作って!


お願い!



このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年2月7日日曜日

「Prezi」で一味違ったプレゼンを

プレゼンをするときは皆さん何を使ってますか?

PowerPointという選択肢しかないのではないでしょうか?

使いにくくないですか??単調になってきてませんか?
プレゼン聞いてもらえてますか?(寝られたりとかしてないですか・・・)

そこで注目を集めるプレゼンをしたいなと思っているあなた!

「Prezi」をおすすめします。
どんなプレゼンをできるかは下の画面をポチッポチッとクリックしてみてください。





どうですか?

今までのプレゼンと全然違いますよね。

「Prezi」の売りはなんと言ってもこのアニメーションです。
1枚の大きなキャンパスに情報をまとめられるのも特徴ですね。
意外にも操作方法は極めてシンプルです。


  • Color&font・・・テーマを選びます。残念ながら、日本語入力できるテーマは2つしかありません。
  • Path・・・アニメーションを設定します。画面を移す順番を指定するだけなので、とても簡単です。
  • Flame・・・フレームです。文字を囲む線をつけます。
  • Insert・・・画像などのファイルを埋め込んだり、線や矢印やマーカーなどの機能があります。
  • Show・・・プレビュー機能です。


PowerPointのように多機能ではない代わりに、とても直感的にシンプルにスライドを作れます。

なので、機能が絞られている分迷わずに作れます!

また、ブラウザがあればどこでも使えるのも大きな魅力です。もちろん、swf形式で出力もできます。あとAirアプリも用意されてるのでオフラインでもなんとかなります。(日本語不可&不安定なんで意味ないかもしれませんが・・・)

開発も活発に行われているようなので、今後に期待しましょう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年2月5日金曜日

HTML5が面白い。

GoogleがWebを侮ってはいけないといっている理由がわかってきました。
以下のサイトを見てください。

注意:このサイトで紹介されてるWebページはChromeかSafariでしか動きません。

Chrome Experiments


なんですかこれ!
Flashですか?

いや~、HTML5とJavascriptだけでここまで表現出来るとは思っていませんでした。Javascriptも気合と根性さえあればFlashと同程度の表現はできるんですね。もうFlashがなくても、頑張ればなんとかなるような気がします。


WebページというかもはやWebアプリと言ったほうが近いです。
特に感心したのが「Google Gravity」「2D Cloth Simulation」「Browser Pong」「Sketchpad」「Impressionist」とか、あーーもう全部すごい!

ソースを見ればどれもjavascriptがビッシリ書かれていました。
まだ解読する気にはまだなれませんね^^;
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年2月4日木曜日

ChromeOSについて

この前、ChromeOSについてiPadよりも劣るんじゃないかという記事を書きましたが、実際そこまで悲観的になる必要もなさそうですね。下の記事を見てそう思いました。

Google Chrome OSタブレットの写真がChromiumのオフィシャルサイトに登場(TechCrunch)

ネットブックに搭載って言ってたから、タッチはサポート外なのかなと思ってたらそうじゃないみたいですね。でも、iPadの登場に焦ってタッチを急にサポートすることになったとも考えられますが・・・、コンセプトっていうのがとても怪しい・・・。

iPadと違い、Flash対応ですし(Chromeブラウザはよくクラッシュするんで、不安定にならなければいいんですが)、USB端末もついてます。

しかし、本当にChromeOSがChromeブラウザを搭載しただけのOSだとしたら、iPadに見劣りしてしまいますね。iPhoneアプリはかなり魅力的なものです。GoogleはWebの発展によってiPhoneアプリのようなものを作れると思っているかもしれませんが、まだWebアプリはネイティブアプリに比べてかなり見劣りしているのは否定できません。できれば、拡張機能がさらに進化してiPhoneアプリのようなものまで作れるようになればとっても嬉しいのですが、実現しないように思います。

また、ユーザーインターフェイス(UI)も気になりますね。指のタッチだけで操作するとなると普通のブラウザではとても操作しにくくて無理です。そうなってくると、独自のUIを開発しなくてはなりません。Androidに搭載しているブラウザのようなものでないといけないですよね。

そうなってくると、「AndroidとChromeOSって競合するんじゃないの?」って思います。

どう考えても、棲み分けが難しそうなんですが・・・。
タッチ機能ついたらAndroidとの差が縮まるし、
ChromeOSでアプリ開発できるようになったらそれはもうAndroidですしね。
なんとなく開発中のプログラミング言語「Go」の存在がとてもきになります。
もしかしたら、Webページを全部iPhoneアプリみたいにするのかな・・・。

考えたらキリがないですねw

ChromeOSにタッチ機能をつけることが凶と出るのか吉と出るのか、今後のGoogleの出方が楽しみです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年2月3日水曜日

Twitter

昨日のUSTREAMを見て思ったんですが

やっぱりTwitterってすごいですね。

やってみなきゃわからないと思いますが、生放送とTwitterの組み合わせは凄いです。リアルタイムでみんなが感じたことを書き込めるということは、その場でみんなの知識を共有できるということになります。知らないことがどんどん書き込まれていきとても勉強になります。
また、生放送をしている情報の発信者は嘘や偏った放送が難しくなります。嘘などを言えばすぐにTwitterで突っ込まれます。そして、ブログのように炎上しますね。

Twitterとの連携はは今のテレビに是非して欲しいです。
そうすれば、情報の格差は瞬く間になくなっていくと思います。昔あった「あるある大事典」のように大げさな報道をすれば、すぐに叩かれ嘘だと皆が気づくでしょう。こうやって考えると、今の一方通行のテレビや新聞といったメディアが非常に恐ろしいものに思えてきました。一方的に情報を押し付けられるのです。メディア業界、国家にとって不都合な事実は多くの人が知らないうちに消されていきます。まるで中国の天安門事件のように・・・。

Twitterでは情報の発信が誰でもできるようになります。
「人の口に戸はたてられない」という諺がありますが、Twitterにもあてはまりますね。一部の少数の人だけが知っていることもTwitterでつぶやけば多くの人が知ることができます。
情報の共有という点では「2ちゃんねる」も同じ機能をはたしていると思いますが、リアルタイム&匿名性&アクセシビィティという点でTwitterのほうが優れています。

Twitterでは匿名性が低いので荒れる可能性が低いです。また、掲示板のように更新しなくても情報が得られるため手間がかかりません。また、Twitterは携帯からでもパソコンからでもブラウザさえあれば投稿できます。また、Twitterに関連したWebサービス、アプリが豊富です。なので、とても手軽に使えます。

Twitterは始める前はたかだか暇つぶしの道具程度としか思っていませんでしたが
これは新しいメディアとなるポテンシャルを持っています。
Googleやマイクロソフトが注目する理由も分かります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年2月2日火曜日

USTREAMが面白い!

USTREAMとは、
「生中継の内容をみんなで見ながらTwitterでつぶやける。」
サービスです。

↑生放送の様子

今日のSoftbankの株主総会を見ていたのですが早速はまってしまいました。色々なTwitterユーザーの生の声が聞こえるのでおもしろいです。Softbankが筆頭株主となっており、これからの成長が予測されます。

左側に生中継の動画が、右側にTwitterのTLが表示されます。TLの上に書き込む場所も設置されており、すぐにつぶやけるようになっています。また、連続投稿はできないようになっています。

ニコニコ動画のように画面の邪魔になることもなく、Twitterなので匿名性は低く、荒らしもあまり起こらなさそうです。あとCM中のスタッフの雑談が聞けるのも面白いですね。

新しいメディアの形になるかはまだなんとも言えませんが、要注目のサービスであると思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ChromeOSの意義って・・・

iPadの発表で色々なことを考えてしまいます。

iPadは各家庭に普及し、WindowsPCは家から消えるか?
はたまた、WindowsOSを駆逐するのはChromeOSか?

こうして考えるとChromeOSの意義がよく分からなくなってきました。
ChromeOSの特徴は
  1. 起動速度
  2. 安定性
  3. クラウドサービスとの親和性の高さ
  4. キュアな構造
ですが、このアドバンテージは4つめ以外はiPadが実現しています。

1.起動速度
テレビのように一瞬で電源が入ることが売りだといわれてますが、それならiPadでもスタンバイ状態にしておけば、使おうと思えば一瞬で立ち上がります。バッテリーやCPUの性能も上がってきているのでバッテリー持ちも問題ないですし。

2.安定性
iPadはFlash未対応にすることにより、安定性を高めているように思います。デモを見るか限りではサクサク使えているので、問題ないと思います。

3.クラウドサービスとの親和性の高さ
クラウドサービス(Saas)との相性がいいことはわかるんですが、それならiTunestoreから配信される専用アプリ使えば、より簡単にクラウドサービスにアクセスすることができるような気がします。Chromeについてる拡張機能が使えるとはいえ、たかが知れてます。

4.セキュアな構造
これはChromeOSでしか実現できませんね。OSのアップデートも自動でやるところからすると非常にセキュアな構造になっていると感じます。

こう考えるとGoogleは何を考えているのかわからなくなってきました。どう考えてもAndroidは将来性があるんですが、ChromeOSは・・・。時代の先を行きすぎてるんですかね・・・。

でも、信じています正式にリリースされたときChromeOSは皆の想像を越える何か驚くべきことをやってくれると!
このエントリーをはてなブックマークに追加