2010年9月15日水曜日

ビリルビン値からわかること

Amplify’d from kensin.igaju-tky.com

T-Bil:総ビリブビン

●黄疸の程度を測る


肝臓病や胆石症などで皮膚や眼球結膜などの粘膜が黄色になるのが黄疸(おうだん)です。血液を循環するビリルビンという黄色の色素が増えることが原因です。

「間接ビリブビン」とは、赤血球が壊れて中のヘモグロビンが分解してできる黄色の色素です。

「直接ビリブビン」とは、間接ビリブビンが肝臓に運ばれて蛋白質と結合したものをいいます。 その後、胆道に出されて胆汁となり、大部分は小腸から便へと排出されます。

間接ビリブビンと直接ビリルビンとの和が「総ビリブビン」です。



赤血球の中に含まれて酸素を運ぶヘモグロビンというたんぱく質が変化してできます。
赤血球は酸素を運搬し終えると、およそ120日の寿命で主としてひ臓で壊れます。壊れた赤血球から漏れ出たヘモグロビンが化学的に変化してビリルビンになります。ビリルビンは血流にのって肝臓に運ばれ、化学的に変化して胆汁中に出て、胆管、胆のうを通って十二指腸から腸内へ排せつされます。
最終的には大便に混じって体外へと出ます。大便が黄褐色なのはビリルビンのせいです。







●T-Bil:総ビリブビン検査で何がわかるの?
総ビリブリンが一定量(約2mg/dl)を超えると黄疸になります。

間接ビリブビンが高値では赤血球の過剰破壊、また、直接ビリルビンが高値では肝障害や胆道閉塞が起こります。



T-Bil:総ビリブビン 検査値 総ビリルビン 低値~0.2mg/dl 基準値0.2~1.0mg/dl 軽度1.0~2.0mg/dl 中等度2.0~20mg/dl 重度20mg/dl~ 間接ビリルビン 低値~0.1mg/dl 基準値0.1~0.8mg/dl 軽度0.8~2.0mg/dl 中等度2.0~20mg/dl 重度20mg/dl~ 直接ビリルビン 基準値0~0.3mg/dl 軽度0.3~2.0mg/dl 中等度2.0~20mg/dl 重度20mg/dl~



ビリルビンがつくられる過程で異常があると血液中のビリルビンが増えます。血清ビリルビンの基準値は血液一デシリットルあたり0.2~1.0ミリグラムですが、同2.0ミリグラム以上だと黄疸になります。

黄疸になるのは、ヘモグロビンが過剰になる溶血性貧血、肝臓で
ビリルビン代謝に異常がある肝炎、肝硬変、肝臓がん、さらにビリルビン排せつ経路がふさがれる胆石症、胆のう炎、胆管がん、膵臓(すいぞう)がんなどです。

黄疸がある場合には、検査で原因を確定し、適切な治療を受ける必要があります。







●T-Bil:総ビリブビン検査で疑われる疾患

【間接】溶血性貧血、大量内出血、敗血症、

体質性黄疸、甲状腺機能低下症

【直接】急性・慢性肝炎、肝硬変、胆のう炎、

胆石、胆がん、すいがん、体質性黄疸











『参考』

直接ビリブリンが入尿中に排泄されたものを「尿ビリブビン」といいます。

尿ビリブビンが基準外のときは、肝細胞障害、胆道閉塞が疑われます。
Read more at kensin.igaju-tky.com
このエントリーをはてなブックマークに追加