2011年12月17日土曜日

汎血球減少をきたす疾患

【最強のSMAPで半ケツ減少】


最:再生不良性貧血
強:巨赤芽球性貧血
S:SLE(全身性エリテマトーデス)
M:MDS(骨髄異形成症候群)
A:Acute leukemia(急性白血病)
P:PNH(発作性夜間ヘモグロビン尿症)
半ケツ減少:汎血球減少

このエントリーをはてなブックマークに追加

Kの正常値

【カリはみんなしわしわ】

Kの正常値:3.7~4.8
カ・リ・ウ・ム、四文字だから基準値は4mEq/L前後
このエントリーをはてなブックマークに追加

感染性心内膜炎

原因菌

急性…黄色ブ菌が多い 
亜急性…緑色連鎖球菌、腸球菌 
慢性…非細菌性
このエントリーをはてなブックマークに追加

前腕骨折で脱臼を伴うものは?

 【ガレージは車庫だ 門はどこだ?】

ガレージは(Galeazzi骨折) 
車庫だ(尺骨末端の脱臼)  
門は(Monteggia骨折) 
どこだ?(撓骨骨頭の前方脱臼)

このエントリーをはてなブックマークに追加

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)


診断基準
  1. 月経異常(無月経、無排卵)
  2. 多嚢胞性卵巣:超音波検査で両側卵巣に10mm未満の小卵胞が10個以上
  3. 血中男性ホルモン高値(または血中LH高値)
生活習慣や環境因子といった後天的要因が病態を悪化させる可能性あり
このエントリーをはてなブックマークに追加

脂溶性ビタミン

【脂溶性ビタミンはこれDAKE】

関連:不足時の症状
D…くる病
A…夜盲症
K…出血傾向
E…不妊症

このエントリーをはてなブックマークに追加

脳神経の12対の覚え方

【嗅いで見る動く車の三の外、顔耳のどに迷う副舌】

1…嗅神経 → 一休さん
2…視神経 → 西の
3…動眼神経 → 参道で
4…滑車神経 → 死ぬほど滑り
5…三叉神経 → ゴミの中へと
6…外転神経 →六転す
7…顔面神経 → 泣き顔で
8…内耳神経 → 野次に
9…舌咽神経 → 苦しみ、喉元で
10…迷走神経 → 透明な
11…副神経 → 良い服
12…舌下神経 → だったと言って舌を出す
このエントリーをはてなブックマークに追加

リンパ球分画

CD4+Tリンパ球:約50%以上
CD8+Tリンパ球:約30%以下
Bリンパ球:10~15%
NK細胞:数%
このエントリーをはてなブックマークに追加

医師が刑法で裁かれる違反

【かきくけこ】

か…過失(業務上過失致死)
き…虚偽の診断書
く…口は固く(守秘義務)
け…(刑法)
こ…子供(堕胎罪)


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業医の業務

【新 教 授、超 感 動】

新…健康診断
教…衛生教育 
授…月1回以上の巡視 
超…衛生調査 
感…衛生勧告 
動…衛生指導


このエントリーをはてなブックマークに追加

手根骨の覚え方

『父さんの月収有効に使う優等生は将来大物』 


父さん=豆状骨&三角骨 
月収 =月状骨&舟状骨 
有効に=有鉤骨 
優等生=有頭骨 
将来 =小菱形骨 
大物 =大菱形骨


このエントリーをはてなブックマークに追加

脳神経の副交感神経は?

【覚えないと、みな苦渋の選択をする】

脳神経の3・7・9・10は副交感神経を含む。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月8日木曜日

エビデンス



レベルそれに該当する臨床研究デザインの種類
1+水準1の規模を含むランダム化比較試験のシステマティックレビューまたはメタアナリシス
1十分な症例数(全体で400例以上)のランダム化比較試験
2+水準2の規模を含むランダム化比較試験のシステマティックレビューまたはメタアナリシス
2小規模(全体で400例未満)のランダム化比較試験
2-さらに小規模(全体で50例未満)のランダム化比較試験,クロスオーバー試験(ランダム化を伴う),オープンラベル試験(ランダム化を伴う)
3非ランダム化比較試験,コントロールを伴うコホート研究
4前後比較試験,コントロールを伴わないコホート研究,症例対照研究 非実験的記述研究
5コントロールを伴わない症例集積(10~50例程度)
610例未満の症例報告


ランダム化比較試験
無作為化比較試験ともいいます。治療法や検査法などを比較する臨床試験では、対象となる患者さんを、その治療や検査を受ける群と受けない群などの二つ以上のグループに振り分けますが、その際にコンピューターの乱数表やくじ引きなどの方法を用いて、作為性が入り込まないようにする試験のことです。患者さんを振り分ける際に偏りが生じないため、治療法や検査法の有効性を客観的に調べることができるので、結果の信頼性は高いとされています。


システマティックレビュー
医学雑誌や学会発表などから臨床試験の報告を集め、その内容を評価し、要約してまとめたものです。最近では客観的な立場から、試験方法や解析方法などが一定の基準を満たした医学論文を集め、内容を厳しく吟味(ぎんみ)して、その結果を報告したものを指すのが一般的です。系統的レビューともいい、一般にエビデンスとしての信頼性は高いとされています。


メタアナリシス
システマティックレビューの一つです。メタ解析ともいいます。病気や治療法など共通した研究データを集め、統計学的な手法を用いてデータを統合し、総合的に評価する方法です。過去の多数の研究結果から、一定の見解を導き出すために用いられます。一つ一つの試験の結果が異なる場合や、症例数が少なくて正確な評価ができない場合などに有効な手法です。


クロスオーバー試験
二つの治療法の効果を比べる試験を行うときに、途中で今の治療法からもう一方の治療法に切り替える試験のことです。試験の対象となる患者さんの数が少なくても、同一の患者さんを対象とするため、比較するグループ間の背景に違いは生じません。しかし、試験期間が長くなると患者さんの病態が変化してしまう可能性もありますから、通常は数カ月間で治療法を切り替えます。大規模な試験を行う前の予備的な試験と位置づけることができます。


オープンラベル試験
どんな治療を受けているかを患者さんや医療スタッフ全員が知った状態で行う試験のことです。二つの治療法の効果を比較するときに、医療スタッフや患者さんが、どちらの治療法を行っているかを知ってしまうと、それが試験の結果に影響を及ぼす可能性があります。そこで、信頼性の高い結果を得るためには、治療法を知らせない、つまり盲検化という手法を採用します。盲検化されていないのがオープンラベル試験で、盲検化された試験に比べて結果の信頼性は低くなります。


非ランダム化比較試験
試験の対象となる患者さんを二つ以上のグループに振り分ける際に、無作為化の手法を用いずに振り分け、比較を行う試験のことです。グループ間で患者さんに偏りが生じる可能性があるため、結果の信頼性はランダム化比較試験よりもやや劣るとされています。


前後比較試験
患者さんの集団にある治療を行い、その前後で病気の様子がどのように変化したかを比較する試験のことです。結果を比較する対照群が設定されていませんので、生じた変化が治療によるものなのか、病気の経過をみたものなのかを判定することはできません。観察研究とも呼ばれます。


コホート研究
コホートとは集団という意味です。ある病気が発症する危険性の高い集団と、そうでない集団を長期間観察して、病気の発症率や進行の程度、死亡率などを調べる研究方法です。例えば、喫煙習慣のある集団と喫煙習慣のない集団の数年後の病気の発症率などを比較すると、喫煙が病気の発症に及ぼす影響を検討することができます。




症例対照研究
すでにある病気を発症してしまった患者さんと、その病気を発症していないけれど、その患者さんと年齢や性別などがマッチした人を選び、カルテなどの医療記録などからその病気の原因を探る研究方法です。病気の患者さんを症例、病気のない人を対照というため、症例対照研究と呼びます。


非実験的記述研究
実験的な介入を行わず、「ある患者さんにある薬を投与したら、症状が改善した」というように、患者さんの経過を記述して報告する研究のことです。


症例集積
ある治療法を、何名かの患者さんに用いて治療経過や結果を観察し、そのデータをまとめて報告したもので、記述研究の一つです。症例集積研究では対象となった患者さんの数は多くなっても、結果を比べる対照を設けていないことが多いため、症状の改善や副作用の発現などがその治療によるものかどうかを明らかにすることはできません。そのため、他の分析的研究よりもエビデンスレベルは低いとされています。


症例報告
ある病気の患者さんについて、一例から数例の治療経過や結果をまとめて報告したもので、記述研究の一つです。まれな病気、あまり見られない症状や経過などを示した症例、通常は行わない特別な治療が有効だった症例などが報告の対象となります。


【参照】

エビデンスがある」とはどういうことか?





このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月7日水曜日

悪性高熱症

ハロタン、スキサメトニウムによって誘発。


30分で1℃以上かつ40℃以上の発熱が起きて、筋組織の破壊をしめすミオグロビン尿が特徴的。頻脈・不整脈・他呼吸・チアノーゼ・カリウム↑・クレアチンキナーゼ↑・代謝性アシドーシス。


治療は、直ぐに気管内挿管・過換気・末梢静脈路の確保・ダントロレンの注入・透析スタンバイでいい。カリウムは、酸塩基平衡で水素イオンH+と連動しているから、肺からCO2を吐き出せば、アシドーシスを一時的にしのげる。
このエントリーをはてなブックマークに追加

急性白血病と慢性白血病の違い

赤血球、白血球、血小板といった血球は骨髄で作られている。骨髄には造血幹細胞という全ての血球に変身(分化)できる親玉がいます。

例えば、赤血球は
造血幹細胞→前駆細胞→前赤芽球→好塩基性赤芽球→多染性赤芽球→正染性赤芽球→赤血球
という過程を経て作られる

造血幹細胞が血球に変身する過程で、どこかに異常が出ると白血病になります。

白血病とは異常な血球(正常に分化できなかった血球 )が増殖することで、正常な血球が作られなくなる病気です。

ここから、慢性と急性の違いを説明していきます

急性白血病では、造血幹細胞が正常な血球になる前に変身をやめてしまいます。こうなると役に立たない血球が大量に作られます。正常な血球が全く作られないので、体はさらに新しい血球を作ろうとします。こうして、異常な血球ばかり血液の中に貯まっていきます。かなりヤバい状態です…(´・ω・`)

慢性白血病では、最後まで変身は終わっているけど、完成した血球が役立たずなんです。正常に機能する血球も作りますが、ダメな血球もよく作ります。これが酷くなると結果的に急性白血病になります。

白血病にはたくさん種類があります。赤血球がダメだったり、白血球がダメだったり、リンパ球がダメだったり、大元の前駆細胞がダメだったりと多彩です。全部の白血病を覚えるのはめちゃめちゃ大変でした。というか覚え切れてない(´д`)

白血病という名前ですが、白血球だけに異常がある病気じゃないんですね。赤白血病という病名もあるし…。あと、白血病は血液の癌と呼ばれますが、なぜかというと異常な血球が大量にできるからなんですね。

とにかく治療が大変な病気ですが薬の進歩で、症状の進行を食い止めることができるようになっています。ですが、根治させるためには骨髄移植しかないのが現状です。

いつかもっとよい治療法がでるといいなと思いました!
このエントリーをはてなブックマークに追加

医原性クロイツフェルト・ヤコブ病

CJD(クロイツフェルト・ヤコブ病)は脳細胞がどんどん破壊されて、最終的に脳がスポンジのようにスカスカになってしまう病気。日本で話題になった狂牛病とも呼ばれてる。

iCJDは治療に問題があってCJDなったときの病名。血液製剤のエイズ感染問題のように、CJDになっていた人の臓器(硬膜)を移植したためにCJDになってしまったという記事だよ。

感染経路のわからない感染症ほど恐ろしいものはないから、感染経路がわかったでけでも安心できるね。

【 iCJDは“人間 狂牛病”とは無関係 】
http://japanese.joins.com/article/026/146026.html?servcode=100&sectcode=110
このエントリーをはてなブックマークに追加

Senseye

医療にも応用できそう。

外科医の眼に合わせて動くCT・MRI画像とか。
脊髄を損傷した人とのコミュニケーションを取る方法とか。

発想次第で色んなことに使えるよね。


【次のインターフェースはアイトラッキング?『Senseye』がすごいな】
http://www.ideaxidea.com/archives/2011/12/senseye.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

がん細胞の増殖を半減させる酵素特定

癌は増殖するときに、まず血管を張り巡らせる。(血管新生)血管がないと、栄養不足ですぐに癌細胞は死んでしまう。血管新生を抑えることができれば増殖しにくくなる。

今回発見された酵素は癌細胞だけが持つ、血管を作る能力を抑える働きがあるみたい。この研究のすごいところは、どんな癌にも効果があるかもしれないということ。癌を治すことはできないけど、進行を遅らせることはできる。

進行の早い膵臓癌などの治療の役に立てばいいよね。

【 がん細胞:増殖を半減させる酵素特定 東大・児玉教授らチー ム 】
http://mainichi.jp/select/science/news/20111206ddm002040105000c.html
このエントリーをはてなブックマークに追加